人間の力による個別対応の指導

 楽しさの中から 勉強の大切さがわかる メアリーのオリジナル授業

教育方針イメージ

「子どもが集中できないんです。」「集中させるにはどうすればいいですか。」
メアリーの保護者懇談でもよくある質問です。「集中力」に関する本やサイトはたくさんあって、
見てみても結局どうなの、よくわからない… 。
学術的なことではなく、あくまでも私見ですが、答えはいたって単純。
集中できないのは興味がないから、嫌だから、何をどうすればいいのかわからないから。
集中しているときは 時間が早く感じます。すなわち、楽しい時 忙しい時 切羽詰まって
一生懸命 頑張ってた時…です。勉強なんかは なかなか楽しいと思えません。

だからメアリーでは小・中学生のどの授業の解説は出来るだけ身近な話題に関連付けて
行い、少しでもわかりやすく、板書も生徒が興味を持ってくれるようなイラストを多用し
道具をつかったりして楽しい授業を心がけています。

 学力向上に大切な要素の一つ、正直な心・素直な心を育てます

目標イメージ

少々厳しくても「子どもたちの知りたいことをつかむ」先生が、指導をしています。
いつも生徒目線での学習指導です。「できる」ようになれば先生も一緒に 喜びます。
反対に、ダメなものはダメ、おかしいことはおかしい… とハッキリといいます。
正直な心で子どもたちや保護者の皆様に接することで信頼が生まれるのではないでしょうか。

どんなお子様でも 強いヤル気・意志で行動や結果が変わります。
同じ目標を持った子供たちが集まるレッスンや授業はいろんな意味で
「期待以上」の成果が 出ています。 「できる」ともっとヤル気がでてきます。
生徒がヤル気になる メリハリある授業を展開し、勉強に対する気持ちを高めていく
それがメアリーの指導です。

 生徒数限定といっても入塾テストをして生徒を選ぶことはありません

 メアリーの指導は決められた時間に行う少人数指導です。
 小学国語・算数は各クラスを4名までに限定することで一人ひとりに手厚い個別指導。
 各教科・単元毎に 学力に合わせた問題からスタート、徐々に学校レベルの問題を解いて
 勉強内容を定着させます。もちろん、さらにできる場合は発展問題を解いていきます。
 中学生は各学年の生徒数の上限は15名、さらにレベル別に細分化したクラス編成で
 授業を行っています。

※ 極端に定期テストの得点が低い生徒や、学力不足など通常授業で一緒に学ぶことが
 難しいお子さまにつきましては 通塾回数や時間、月謝などを個別に提案をさせていただき、
 ご納得いただいた上でお受けすることとなります。
 また小規模塾のため その人数も限定させていただいています。予めご了承ください。

→ 例:中学生の場合5教科計250点未満、小学生の場合 漢字力が極端に低い生徒など。